展示・物販をします!

ぜひ遊びにきてください◎

DSCF0225 copy_FB.jpg

いとしろ MARCHE

 

石徹白暮らしを楽しむ仲間たち。

それぞれに好きなこと、得意なことを

​なりわいとしています。

Members

岩瀬崇・美佳子|​あわ居  

あわ居は、日常の秩序や枠組みから離れ、普段とは異なる感覚に身を置き、ご自身や他者、「これまで」や「これから」と深く向き合う、対話する、そんな時間をご提案している「場所」です。お1人1泊(2食付き)よりご利用頂けます。(1日1組限定)

icon_017870_256.jpg

平野馨生里|石徹白洋品店

岐阜市芥見がふるさと。学生時代はカンボジアに通い、内戦で途絶えた絹織物復活に関わるNGOにてフィールドワークを実施。持続可能な地域づくりについての勉強会に参加している中で、2007年に初めて石徹白を訪れ、土地とそこに住む人に魅力を感じて移住を決める。2011年に移住し、2012年5月より石徹白洋品店を開店。7歳、5歳、3歳の男の子に恵まれ、子育てに奮闘中です。

icon_017870_256.jpg

 加藤亮太

1989年岐阜県生まれ。岐阜市いぶき福祉会で福祉職員として働く。農福連携を学んだきっかけで2015年度から自然栽培(無農薬無肥料栽培)でのお米作りを始める。多くの人々に助けられながらご縁が広がり2020年に4月に夫婦で石徹白に移住し、就農研修中。農をもっと生活に寄り添える形にすることが目標です。

加藤彩乃|日々

岐阜県土岐市出身。
2020年4月に夫婦で石徹白に移住。
父が山奥で陶芸教室をはじめ、そこで過ごした時間がきっかけで自然に囲まれた場所で暮らしたいという思いが湧く。移住前にカフェやパン屋で働く中で、のんびりした自分に合う生活や仕事について考えるようになる。

icon_062470_256.jpg
icon_017870_256.jpg

稲倉哲郎|​農園サユールイトシロ  

サユールイトシロは、この石徹白の大地の力を最大限生かす農産物の栽培方法として、肥料に頼らず、農薬も使わない栽培方法=無農薬無肥料自然栽培を実践しています。肥料を使わず育てた野菜は本当の意味での”大地の恵み”を実感できる美味しさに溢れています。いちど是非味わってください。

高岡奈美穂|紺屋のナミホ  

愛知県知多半島生まれ。 学生時代のアスリート経験で培った体力を活かし、THE NORTH FACEに就職し登山を趣味にアウトドアの世界へ。 将来は日本の職人になるのが夢だった為、3年前に会社を辞めて藍染の道へ。 大自然と人とおどりに惹かれて、2年前に郡上へやってきました。

icon_062470_256.jpg
icon_062470_256.jpg

田中佳奈|​百穀レンズ Photography

京都府出身。アジア・アフリカ地域を旅したのち郡上に辿り着き、2014年に移住。マタニティ、ニューボーン、ファミリーなどの出張撮影をしています。お母さんが残したいとおもうような、嬉しく喜ばしく、でもふりかえるとちょっと切なくもあるような瞬間を撮りたいとおもっています。

崎田結|ONE SOUL

icon_017870_256.jpg

石徹白育ち。しばらく郡上出とったけど、石徹白が好きで戻ってきたよ。ONESOULものづくりしながらヨガインストラクターしたり、MAGOEMONのおやつつくったりしとるよ。2人の娘の母ちゃん。自然に囲まれて暮らせて幸せ。結ってゆう名前のごとく、いろいろ結んでつないでけたらいいなぁ。好きなこと・もの/音楽、ヨガ、旅、ビール

  大西琢也

火起師(ひおこし)、NPO法人 森の遊学舎代表、TVチャンピオン初代サバイバル野人王、防災士、石徹白地区の地域起こし協力隊。 1975年2月20日生、神奈川県育ち。これまで23年間、子どもたちの自然体験活動や人財育成研修、危機管理講座など『人と組織の【根っこ】」を育む場づくりをしてきま した。2011年、東日本大震災による原発(核)事故を南会津町で経験し絶望を感じましたが、6年半の保養支援活動で多くの出逢いや希望を見出すことができました。

大西真子|カラダと山茶{i-ki}

関西生まれ・育ち。京都の大学時代に庭、生態系、自然、環境問題などを勉強する。東京で3年暮らす間に人身事故に会い、高尾の整体指導きらくかんで体のことを学ぶ。HULAを始める。2007年福島県南会津に移住し結婚。山暮らしスタート。夫が主催する自然学校でキッチンを担当。子供2人を自宅出産。HULAクラス、親子の野山遊びの会を主催。東日本大震災をきっかけに2年前石徹白に移住。山に入って暮らしを手作りすることがメイン。石徹白小給食調理員。

岩田義一|夢楽童絵馬

1944年名古屋市生まれ、平成4年伊勢絵馬 師(故)安田識人氏との出会いが私の絵馬師として活動のきっかけです、その後東京銀座や各地で絵馬展をしながら2018年岐阜県郡上市白鳥町石徹白に絵馬資料館と工房を作り日本でただ一人の手描き絵馬師として銘木を使った大絵馬を作っています。

icon_017870_256.jpg

田中宏尚|​パンダ設計楽団 

岐阜市生まれ。建築設計事務所に勤めていたが2011年東日本大震災を契機に退社。バックパック1つで国内を放浪。旅先の様々なご縁で辿り着いた熊野出会いの里で養鶏と農業の暮らしを始める。熊野に住む魅力的な多くの人の生き様や考えに共感し、岐阜に戻り手始めにと農業を始め現在に至る。真面目に楽しくがモットー。

icon_017870_256.jpg
icon_017870_256.jpg

中村まな

子供の頃からものづくりが好きで、アパレルの世界へ。働くうちに葛藤を覚え、青年海外協力隊でスリランカへ行くことに。その後インドで縫製の指導も始める。現地の女の子たちと一緒にものづくりをする中で、わくわく感を思い出し、技術を伝える楽しさを知る。今、日本の海外のような石徹白でわくわくするものづくりをしている。

藤田俊之

東京国立市で35年間藤田治療室開業。縁あって石徹白に移住しました。鍼灸師・カイロプラクティック師・アレキサンダーテクニーク教師・カタカムナ気功師。気功治療は根本治療を目指しています。気功により身体のバランスを整えると異常を自覚していた所の気の流れが良くなり、症状も消えていきます。

【限定企画】

石徹白にぎやかホームステイ☆

 

石徹白にぎやか

ホームステイ☆

近年、映画「おだやかな革命」の舞台ともなり、知る人ぞ知る集落として注目を集める、郡上市白鳥町石徹白(いとしろ)。​白山連峰のたもとに位置し、雪深く厳しい地であるにも関わらず、この地で暮らしたいと多くの若者や家族が移り住んでいます。

『なぜ、この地に?』

 

その答えを発見していただこうと、有志で「石徹白にぎやかホームステイ☆」を企画。複数家庭を巡り、それぞれの日常を共にしていただきます。生の営みを体験できる絶好の機会ですヨ◎

⇩只今募集中

×​

『世代を超えた人生体験、楽しみませんか?』

 

グループ最年長と最年少タッグによる年齢差コラボ。

​長年デザインの世界に生き、数少ない絵馬師として活動する岩田さん。

百姓の旦那とフォトライターの妻、農的暮らしを実践する田中夫妻。

​それぞれの営みや石徹白での生活などなど、多様な暮らしぶりを体験してください◎

112324(2泊3日)

集 合 郡上市白鳥町石徹白24(夢楽童 絵馬資料館)       参加費 食事代 1,000円/人(全行程)

定 員 1組 (最大2名、ご家族はご相談ください                  申込み Tel:080-3065-4224

                                                                                                    E-mail:loch_arch@yahoo.co.jp(担当:田中)

備 考 参加希望の方はメールにて ①全員の氏名 ②年齢 ③性別 ④代表者の電話番号を記載の上お問い合わせください。

    ご質問等はお気軽にお電話にてお問い合わせください。

日 程

11/16 岩田家13:00集合 ホームステイ【泊】  11/17 田中家10:00集合 ホームステイ【泊】  11/18 自由解散