わたしにとって写真とは


「写真」といわれて今パッと思いうかぶものは にやーっとしちゃうものであったり、 含み笑いが漏れるものであったりする。 あとはどんな「写真」があるかなーと 目を閉じてみれば ある時を懐かしむものであったり、 有り難さを思い出させてくれたりするものもある。 そして、もっともっと「写真」の記憶を辿ってみると 静かに泣けてくるものや ぎゅーっと胸が締め付けられるものが ゴロゴロ出てくる。



どれも。 これも。 「今」にはない瞬間ばかり。 でも、確かに、 誰かのもとで刻まれてきた瞬間だ。 チクタク、チクタク・・・ ドックドックドックドック・・・ 時計の音と並走しながら 日々いのちは、次へ次へと進んでいく。 それぞれの「今」を重ねながら。 人生最高の時間だって 怒りっぱなしの時間だって、 喜んだり悔しんだりしてる時間だって、 なにも手につかず棒に振った時間だって、 どれもこれも、 きっと尊い瞬間の積み重ねだよねって 確認させてくれる、 それが私にとっての「写真」だ。



┏………・…………・…………・…………・…………・………┓


 百穀レンズ Photography

 0-3歳のお子さまのいる家族に特化した

 岐阜フォトグラファー 田中 佳奈

   web https://www.itoshiro.life


 マタニティフォト・ニューボーンフォト・ファミリーフォト・

 七五三の出張撮影。ライフスタイルフォト。


 お母さんたちが今感じてる”愛おしさ”を

 これから先もずっと、抱いていられるように。


┗………・…………・…………・…………・…………・………┛


最新記事

すべて表示